Windows Vistaエディション別購入手引き

Windows Vistaエディション別購入手引き

フリップ3D画面
フリップ3D画面
メディアセンター画面
メディアセンター

新しくWindowsパソコンを購入されるときに注意しないといけないのは、WindowsVistaパソコンにエディションの違いがあることです。
例えば、格安モデルの搭載されているWindows Vista Home Basic では、ビスタの売りの一つであるAeroユーザーインタフェースが使えません。雑誌などでよく見かけるウィンドウの3次元表示「プリップ3D」や背景画像が透けて見える「透過ウィンドウ」なども使えません。さらに、リモコンを使ってAV機器を操作できる「メディアセンター(Medeia Center)」も非対応となります。Windows Vista Home Basicの購入を検討されている方はご注意下さい。
やはり、ビスタらしさを味わうならWindows Vista Home Premiumを選択されるのが賢明です。Home Premiumなら「フリップ3D」「透過ウィンドウ」機能が使えるAeroユーザーインタフェースや「Medeia Center」に対応しています。このクラスのパソコンならテレビ機能を搭載している機種も多く、AV機能を活かした楽しみ方ができます。
モバイルノートパソコンの一部には、Windows Vista Businessエディションを搭載したモデルがあります。「Businessエディション」はドメインに参加する機能を持ち会社などの社内ネットワーク内で仕事をする方にとっては必須の機能です。社用でパソコンを購入される方はWindows Vistaパソコンのエディションにはご注意下さい。

Windows Vistaエディション別機能比較

次の表にWindows Vista OSのエディション別に機能をまとめました。
一般ユーザーは、Windows Vista Home BasicかWindows Vista Home Premiumで十分でしょう。会社などの社内ネットワークに入る必要のあるパソコンはWindows Vista Businessを選ぶ必要があります。ただ、Windows Vista Businessでは「メディアセンター(Medeia Center)」が使えません。
個人用でも、社用でもWindows Vista OSの全ての機能を使いたい方はWindows Vista Ultimateエディションを選ぶとよいでしょう。

Windows Vistaエディション別機能比較
Aero Media
Center
ドメイン参加 搭載機器
Home Basic No No No 格安モデル
下位モデル
Home Premium Yes Yes No 中上位モデル
Business Yes No Yes ビジネス向け
携帯ノート
Ultimate Yes Yes Yes 最上位機
自作向け

パソコン選び方

パソコン比較

PCソフト比較

モバイルパソコン

ノートブックパソコン

デスクトップパソコン

お知らせ